So-net無料ブログ作成

[PBP 2019まとめ] パリ移動編 [PBP]

シャルル・ド・ゴール空港(CDG空港)からPBPスタート地点Rambouillet近辺まで公共交通機関で移動するならば,シャトルバス"Le Bus Direct (ル・ビュス・ディレクト)"と,"Transilien"を利用するのが便利です.

Le Bus DirectはCDG空港とパリ市内を繋ぐ高速バスになります.Ligne1から4まで4路線あります.乗り換えアプリなどを使うと,RambouilletまではLigne2を使うルート,Ligne4を使うルートなどいくつか表示されると思いますが,Ligne4を使ってMontparnasse(モンパルナス)まで行くのが便利です.MontparnasseからRambouilletまではTransilien 1本で移動できます.

CDG空港の到着ターミナルの2DとLe Bus Directのある2EFは少し距離があります.カートを借りてバイクを載せて運ぶのがよいです.

バスには車体下に十分な貨物スペースがあります.私が乗った時には3,4人のPBP参加者がいましたが皆問題なくバイクを積むことができました.

料金は片道17ユーロ,往復31ユーロでした.到着時に往復分のチケットを買っておくと数ユーロ節約することができます.


CDG空港からMontparnasse駅までは約1時間ほどです.

Montparnasse駅は大きな駅で初めてだと迷うかもしれません.地上駅,地下鉄駅ありますが,Rambouillet行のTransilienは地上から出ています.たくさんホームがありますが,注意して探すようにしてください.

Transilienの切符の買い方は若干難しいです.料金体系として,パリ市内は一律,パリ市外は距離に応じてというものらしいです.なので券売機ではまずパリ市内かそれ以外かを選びます.(Rambouilletはパリ市外).パリ市外を選んだら次は駅名を指定すると料金が表示されるのでクレカか現金で購入します.ここでさらにややこしいのは券売機によって紙幣のみOKのものと,硬貨のみOKのものがあることです.両方使えるものはまれな気がします.クレカを持っておくと安心です.

Transilienは自転車用の車両スペースがありますが,別にそれ以外のところに乗せても問題ないようです.PBP期間中は自転車用スペースはすぐに埋まってしまうのでそれ以外のところにも別に気にせず乗せて良いようです.

TransilienはPBP受付や,スタート前,ゴール後に利用することになると思います.予め乗り方を調べておくと便利です.

[PBP 2019まとめ] 目次
タグ:PBP
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

[PBP 2019まとめ] ホテル編 [PBP]

ホテルはLa VerriereのMercure Maurepas Saint Quentinにしました.

スタート地点のRambouilletからそこそこ距離があってあまり混雑していなさそうなところ狙ってのことです.

日本の旅行会社を通じてRambouillet近辺のホテルを予約する場合,PBP期間中も部屋を確保しなければならないとのことでしたが,予算の都合でさすがにそこまではしたくないなと.倉庫でもいいから期間中に荷物を預かってもらえるようなところにしたいとLa Verriereのホテルを選びました.

PBP参加者は何組か宿泊していましたが,混雑ということはなく静かなホテルでした.懸案のPBP期間中の荷物預かりについては事前交渉なしにチェックアウト時にお願いしたところ「of course」と二つ返事で了承してもらえました.

スタート地点のRambouilletまでは約20km.ロードバイクで自走して1時間弱.電車(Transilien)を使って4駅と楽に移動することができます.特にTransilienは自転車をそのまま載せることができ,2ユーロ弱と安いのでおすすめです.

PBPの拠点としては狙い通りのホテルでした.

ただ,難点をあげるとするとLa Verriereは町としては何もないです.近くにスーパーがあるので何とかはなりますが,レストランはケバブ店がある程度でした.滞在を楽しむならばSaint-Quentin-en-Yvelinesの方がいいかもしれません.

ホテルのアメニティはヨーロッパらしく石鹸,シャンプー,ボディソープしかありませんでした.ワインの栓抜きもないのは意外でした.歯磨きなどは忘れずに持っていきましょう.

[PBP 2019まとめ] 目次
タグ:PBP
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)